人を知る

「ありがとう」の言葉と笑顔に出会えたから――

今井美乃施設管理者(ホームマスター)

所属法人
株式会社 JAPANライフデザイン
所属事業所
グッドタイムホーム・不動前
所有資格
介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉主事 他

求めるのは「グッドタイムを届けたい」という想いを共有できること

1日の流れ(例)

8:30 出社 着替え、身だしなみを整え、今日1日の業務をシミュレーション
9:00 業務開始 朝礼(事務所)
朝の申し送り(現場) ご入居者様のご様子を把握
9:40 準備他 当日のスケジュールにあわせた準備等を行います
10:00 ・採用面接、取引先との連絡・調整
・スタッフ面談、研修
・会議、ミーティング
・書類作成、確認

その日のスケジュールのよって、業務内容が全く違います。現場の緊急な要件にも対応しながら、効率的に進めていきます
17:00 夕方の申し送り(現場) ご入居者様のご様子を把握
18:00

19:00
退社

仕事内容について

ホームマスター(施設管理者)として職員をまとめることが主な業務です。また、ご入居者様とそのご家族様・お取引先企業との連携など、ホーム運営の全般に携わっています。


グッドタイムホーム・不動前のホームマスターとして、どんな理念を持っているか

私たちは、ホームの名前にもある「グッドタイム」をご入居者様とそのご家族様にお届けしたいと常に思っています。グッドタイムとは、“ご入居者様とそのご家族様にとってのいい時間”のこと。そしてその形は、人によって異なります。チームとなってお客様へ「グッドタイム」をご提供し、「このホームに来て良かった」とお言葉を頂くことが、私にとってのやりがいですね。

その理念を実行するアクションはどんなものか

まず、「仕事(介護・看護・その他業務)は、丁寧・正確・親切にできて当たり前」だと考えています。その仕事に心遣いや、おもてなしの心をプラスすることが、グッドタイムをお届けする方法のひとつだと考えています。

例えば、グッドタイムホーム・不動前では、快適な空間作りの努力は惜しみません。ご入居者様の専有スペースはもちろんですが、共有スペースにも「グッドタイムを届けたい」の想いを込めています。お庭に花壇を作り、季節を感じていただき、同時に華やかさも加えています。ホームでの生活に彩りを感じていただけるよう、季節の飾りや催しも行っています。


グッドタイムを届けるために必要なマインドとは

介護の仕事は、教わり、経験を積むことでできるようにはなります。ただ、「グッドタイムを届けたい」という想いを共有できるかどうかは、人柄が大切だと思っています。採用の時は、その想いを持ってくれる・共有できる人かどうかを主に見ていますね。入社後はオリエンテーションやさまざまな研修を通して、「グッドタイム」について頭と体で理解してもらっています。

私自身はホームマスターとして、スタッフが生き生きと働ける環境作りを徹底しています。ホームの方針とスタッフの気持ちを一致させて、皆の情熱や能力が1つにまとまり、お客様の「グッドタイム」のために最高のサービスを提供できるチームを作る、それこそが、必要なことだと考えています。

入社前を含め、これまでの介護業界でのキャリア

初めての仕事は現在と同じ介護業界でしたが、コンサルタントや保育などにも携わってきました。実は前職で、創生会(グッドタイムアライアンスの中核企業)に営業したことがあるんです。それがきっかけでこのグループを知ったのですが、「魅力的な会社だな」という印象を持っていました。その後、再び介護の仕事に転職するとき、グッドタイムアライアンスにお世話になることになりました。


入社を検討している方へ

「グッドタイム」を届けるためには、知識や経験以上に想い・気持ちが大切です。「この仕事が好き」という気持ちや、「初めてだけどやってみたい」「挑戦したい」という気持ちがあれば、私たちは全力であなたをサポートします。この仕事の魅力は、仲間がすばらしいことだと思っています。それが、私がもう一度介護の仕事をやろうと思った理由のひとつです。

どの立場であっても、仕事は決して1人で成し遂げることはできません。私自身、まだまだ毎日が苦労の連続です。「グッドタイム」には答えがないので、スタッフと一緒に頑張っています。大変なことも多いですが、それ以上に喜びややりがいを感じられる素敵なお仕事なので、一緒に「グッドタイム」を創っていきましょう!