職場を知る

10年後の自分を想像してみる。
見えるのは、新しい自分の未来。

職種紹介

私たちは入社時に特別な技術や知識、資格を求めていません。他の業界・仕事同様に、入社後の研修で修得することができるからです。
入社された皆さんは、まず実務を通じて介護職員としての基礎を習得していただいたあと、適性に応じた職務に配属になります。グループ内の職種の幅は広く、目標や適性次第でさまざまな可能性が広がります。

ケアワーカー(介護職員)

最もご利用者様に近い職種。ご利用者様の日常生活の直接的なサポート、レクリエーションや研修の企画・運営など、業務内容は多岐に渡ります。


この職種の先輩のインタビューを見る

ソーシャルワーカー(生活相談員)

ご利用者様やご家族様などの関係者と施設・ケアワーカーの関係をコーディネート。入居時の対応、ご利用者様やご家族様の相談受け付けなど、間接的なサポートも行います。

この職種の先輩のインタビューを見る

施設長・ホームマスター・支配人

施設の統括責任者。施設職員や本社と協力をし、施設の正常な運営を管理します。


この職種の先輩のインタビューを見る

本部職員(経理・総務・人事など)

来訪者や電話の一次対応を行うほか、職員の給与処理や労務管理などを行います。経理担当は日常的な出入金管理や財務諸表などの作成を行います。

この職種の先輩のインタビューを見る

管理栄養士・栄養士

ご利用者様の食事管理や栄養指導を行います。また提供している食事についてご利用者様に直接ヒヤリングを行い、適切な内容であるかを評価します。

この職種の先輩のインタビューを見る

ケアマネジャー(介護支援専門職)

ご利用者様やご家族様の希望や状態を踏まえて、提供するサービスをコーディネート。定期評価を行い、ご利用者様のQOL向上を図ります。

この職種の先輩のインタビューを見る

福利厚生

  • 退職金・退職金共済
  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 労災保険
  • 雇用保険
  • 慶弔見舞金
  • 育児休業制度
  • 介護休業制度