人を知る

「ありがとう」の言葉と笑顔に出会えたから――

一倉一将ケアワーカー(介護職員)

所属法人
社会福祉法人 葵友会
所属事業所
たまプラーザ倶楽部
所有資格
初任者研修(修了)

「あなたで良かった」という言葉に成長を実感
キャリアアップしながら働ける充実したサポートも魅力

1日の流れ(例)

10:15 出社 着替え、身だしなみチェック 等
10:30 申し送り 夜間帯の様子について情報共有する
11:30 昼食準備 ご利用者様の排泄介助、昼食準備
13:00 昼食 ご利用者様の食事介助
14:00 おやつ おやつの準備、レクリエーション、排泄介助、食事介助 等
17:00 夕食準備 昼食準備と同様
19:30 夕食・就寝介助 食事介助、就寝介助
19:30 退社

仕事内容について

ケアワーカーとして、施設ご利用者様の個別ケア、介護を行っています。

たまプラーザ倶楽部の場合フロアごとに4つのユニットで構成されており、シフトは早番、日勤、遅番、夜勤に分かれています。フロアに常に人がいる状況を作りながら、ご利用者様をサポートします。


力を入れていること

施設にはご利用者様お一人おひとりの生活があります。ですから、お一人おひとりの「したいこと」に耳を傾け、日常生活を送るうえでお一人でできないことを念頭においてケアをしています。

なかでも、おやつの時間を使った「口腔体操」は意識して行っています。噛む力や飲み込む力を衰えさせないことが、施設でよりよく過ごしていただくためにも重要だと思っています。

ご利用者様とのエピソード、やりがいになっていること

終末期のご利用者様が私の手をとって、「ありがとう。助かったわ」と仰いました。まだ新人同様だった自分に向けてそのように言ってもらったその言葉が、今でも大きな力になっています。

自らの成長を感じるのはどんな時ですか?

2年前に入社した時は、ご利用者様に名前を覚えてもらうところからのスタートでした。アセスメントシートを持ち、1対1の対話を繰り返しながら、少しずつご利用者様との心の距離を縮めていくんです。

最近では「あなただと安心できる」「あなたで良かった」、そして「やっぱりあなたが一番」といった言葉もいただけるようになり、少しずつですが成長を感じています。


これから身に付けたいスキルや将来の目標

現在取得している初任者研修についても、会社の大きなサポートがありました。外部施設での研修も勤務扱いになるなど、とても手厚い体制があると思います。これから実務者研修が始まりますが、介護福祉士も視野に入れて頑張っていきたいですね。

将来的には、施設や組織のマネジメントなどにもチャレンジしたいと思っています。

入社を検討している方へ

福祉業界には“つらい”“忙しい”といったイメージが今も根強く残っているかもしれません。しかし実際には、ご利用者様から直接「ありがとう」という感謝の言葉をいただくことができる、やりがいと充実感がある仕事です。

私は学生時代にアルバイトとしてこちらの施設でお世話になっていたのですが、当時から職員の皆さんにはよくしてもらい、入社後は先輩がマンツーマンで丁寧に指導してくれました。納涼祭、花火大会、クリスマス会など、職員同士の交流が深まるイベントもあります。

私自身は体育大学の出身で、スポーツの経験は大きなプラスになりました。ご利用者様に移乗していただく時、力の入れ方などのコツは、スポーツと共通することも多いんです。スポーツ経験は必須ではありませんが、“熱い”新卒生をお待ちしています!