人を知る

「ありがとう」の言葉と笑顔に出会えたから――

坂元友紀管理栄養士

所属法人
社会福祉法人 葵友会
所属事業所
たまプラーザ倶楽部
所有資格
管理栄養士

ご利用者様の健康状態や趣向を踏まえながら
「楽しんでいただける食事」をご提案したい

1日の流れ(例)

8:40 出社 自分の業務時間外のご利用者様の様子や、その日の予定を確認
9:30 朝の申し送り 食事量や水分量に変化がないか確認
11:00 昼食の配膳チェック 異物混入や誤配膳がないか、ソフト食・ミキサー食の形態にバラつきがないかを見る
12:10 巡視 申し送りで状態変化のあった方や、フロアから相談があった方の昼食の様子を観察。担当者の意見も聞く
13:00 休憩
14:00 事務作業 書類整理や資料作り。他部署とのやり取りが必要な場合は打ち合わせを行う
17:00 夕食の配膳チェック 昼食のチェックと同様
18:00 退社

仕事内容について

他部署と協力しながら、ご利用者様の状態やニーズを把握して、栄養マネジメントやメニューを作ることが管理栄養士の役割です。また、厨房スタッフと話し合い、献立の改善やイベント時のメニューを企画します。

特別養護老人ホームは「生活の場」ですから、いかに食事を「楽しんでいただくか」を重視しています。さまざまなご利用者様がいますが、「いかにご希望に沿った食事の選択肢を提示できるか」が管理栄養士の役割だと思っています。


力を入れていること

月に1度「楽しみ献立」というイベントがあります。これは、季節のイベントや旬の食材にちなんだ献立を楽しんでいただくものです。

メニューそのものの企画に加え、「美味しい小話」というPOPを手作りしてイベントまでの時間を楽しんでいただけるように心がけています。


ご利用者様とのエピソード、やりがいになっていること

終末期のご利用者様について、ケアマネジャーをはじめ各関係者が集まって会議を行った時のことでした。もうほとんど食べることのできない方だったのですが、「味や香りを楽しむ」という視点でケアすることを提案し、ご利用者様やご家族様に満足いただけるケアをすることができました。ご利用者様が「あなたに相談してよかったわ」と言ってくださったことが、とても心に響きました。


自らの成長を感じるのはどんな時ですか?

自分の信じるものや主張するものが他のスタッフと食い違い、意見が合わないこともありましたが、段取りや計画を工夫することで皆が納得し、スムーズに物事を進められるようになったことです。

「たまプラーザ倶楽部」では、ひとりで仕事をするのではなく、何事も皆で決めていく文化があります。私も部署に関係なく、いろいろなスタッフに意見を聞くようにしています。

これから身に付けたいスキルや将来の目標

制度や法規に関する知識を増やしたり、介護業界で起きていることに対して、今よりも更に目を向けたいと思っています。また、サプリメントや栄養剤の利用も含め、総合的な栄養ケアの提案ができるように勉強していきたいですね。

栄養についてより気軽に考えられるように、身近な相談相手でありたいと思います。

入社を検討している方へ

管理栄養士は、ご利用者様はもちろんのこと、施設全体の給食運営や体制も含めた提案も求められる仕事です。栄養教育において、より高い知識が求められている中で、管理栄養士という国家資格は大きなプラスになるのではないでしょうか。

一方で、自分の課題や目標が、専門としている分野の中から見つかるとは限りません。常に周囲にアンテナをはり、周りのスタッフがどのように仕事をしているかを観察することが大切だと思います。