人を知る

「ありがとう」の言葉と笑顔に出会えたから――

太田美咲入居相談員

所属法人
株式会社 創生リサーチ&コンサルティング
所属事業所
やすらぎの園板橋
所有資格
プレゼンテーション実務士

応えられない部分も正直に認めながら
ご利用者様の人生を考えた提案をしていきたい

1日の流れ(例)

8:45 出社 メールチェック。前日の日報を確認し、各施設の動きを把握する
9:00 朝礼 施設の夜間帯の情報などを共有。職種ごとの予定・動きの確認
事務作業 10時までは各営業先も忙しい時間帯なので、事務所でのデスクワークがメインになります
10:00~ 外回りなど 事前にアポイントを取っている営業先に行ったり、コネクションのある営業先であればアポ無しで伺うこともあります。また、お客様の予約が入っていればそちらを優先し、見学対応や面談、入居の対応、入居後の相談等を行います
12:00 休憩
13:00 外回りなど 午前と同じように、その日によって営業先に行ったり、お客さまの対応を行ったりします
16:00 帰社 16:00以降になると会議などを開催している会社も多いので、事務所に戻ります。一日の動きをまとめ、社内で情報を共有できるようにします
18:15 退社

仕事内容について

入居相談員は、入居を希望される方の最初の相談窓口になります。

ご家族様やご本人様の状況やご希望を伺うこと、施設のご案内、各種手続きのサポートが主な業務です。施設見学は、ご利用者様が「自分らしい生活ができるかどうか」を見極める重要なステップです。その後、入居までの手続きや日程調整などを行う、施設とご利用者様のパイプ役となります。

また、主に板橋区を始めとした周辺地域の病院や特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどを訪問し、「やすらぎの園」への入居をご提案します。


心がけていること

ご利用者様やご家族様には、情報をできるかぎり「早く正確に伝える」ことですね。お伝えするのが遅くなるほど、入居日や施設での診療日などの選択肢が減ってしまうからです。 また、営業としては当施設を選んでいただくことも大事ですが、「できないこと」「お応えできないこと」は正直にお話することも重要です。その際、できないことだけでなく、代替案をご提案できるようにしています。

ご利用者様とのエピソード、やりがいになっていること

入居を担当させていただいた方で、施設で看取りをさせていただいた方がいました。亡くなられたあと、ご家族が「最期、ぜんぜん苦しくなさそうに逝くことができた。相談して本当に良かった」と言っていただき、この仕事をやっていて本当によかったと感じました。

施設を“終の棲家”とお考えになっている方も多くいらっしゃいますので、嫌な思いをしないように意識するのはもちろん、ご利用者様の人生を考えた提案をしていきたいと思っています。


これから身に付けたいスキルや将来の目標

これから身に付けていきたいのは、「魅せる」ためのスキルです。さまざまな場面で「人の心を惹きつけられる」ようになれればいいと思います。

いま使っている名刺は、このように自分で描いたイラスト入りのもので、裏面には趣味や好きな食べ物なども入れています。少しでも心を惹きつけられるように工夫をしたのですが、社内でも評判が良く、グループ内のほかの入居相談員の名刺にも採用されています。


入社を検討している方へ

介護の経験もなければ、大学での専攻もまったく違う分野でゼロからのスタートでした。それでも、入居相談員として2年が過ぎ、仕事をすることができています。

「知識も経験もないけど…」と不安になる方も多いと思いますが、心配はありません。入社してからの研修もありますし、資格取得制度も充実しています。また、大変なこと、つらいことがあっても同期の仲間と共有することもできますよ。