人を知る

「ありがとう」の言葉と笑顔に出会えたから――

仮屋裕昭施設管理者(施設長)

所属法人
株式会社 創生事業団
所属事業所
エルダーホームケア町田 管理者
所有資格
ホームヘルパー2級、介護福祉士、介護支援専門員、防火管理者、食品衛生責任者

この仕事には人生の大先輩達との出会いが待っています

1日の流れ(例)

8:15 出社 前日からの報告事項がないか、メールやメモをチェック
8:20 1F共用部の清掃 面会開始時間の9:00までに、お客様を気持ちよくお迎えできるように毎日清掃
9:00 朝礼 ご入居者様の様子の把握をしつつ、職員の表情もチェック
9:30 面接、来客対応、見学対応 ダブルブッキングがなく、かつ無駄な時間を作らないようにスケジュールを綿密に管理
12:00 休憩 しっかり休む
13:00 個別面談、会議、書類作成 ダブルブッキングがなく、かつ無駄な時間を作らないようにスケジュールを綿密に管理
18:00 退社 その日にやるべきことはその日に終了、デスク上を整理整頓してから退社

仕事内容について

事業所全体の管理運営をしています。具体的には、職員の雇用管理や個別面談に、採用面接や本部との連絡調整など。エルダーホームケア町田のご入居者様が充実した生活を送っていただける環境、また職員がやりがいを感じながら働ける環境を作ることです。


やりがい・充実感を感じるとき

職員みんなが「ここで働いていて充実感を得られる」環境を作ることにやりがいを感じています。自分も介護現場に出ていた時は、充実感が仕事のモチベーションになっていました。環境作りの第一歩はやはりコミュニケーションです。職員1人ひとりから悩みや意見を聞いて、環境改善に繋げていきます。そして職員から「今までできなかったことができた」と言って前向きに仕事に取り組んでもらえるようになると、私も管理者として多少成長できたかなと思いますね。

また、ご入居者様から「ありがとう」や激励の言葉をいただいたときも、充実感を感じます。介護現場にいた頃と比べてご入居者様と接する時間が少なくなっていますが、今もかわらずご入居者様との会話から元気をいただいています。

これまでに苦労したこと、それを乗り越えたエピソード

まだ若手の頃、仕事に対する理想と現実のギャップからくるストレスで、1週間ほど無断欠勤してしまったことがあったんです。もうこの仕事は続けられないかも……と思っていたんですが、当時の上司を始め多くの仲間に支えていただき、自分と真剣に向き合うことができました。その経験から、私も管理者として、人が辞めない環境作りを心がけたいと思っています。


ご利用者様とのエピソードで心に残っていること

入社間もない頃、100歳近いご入居者様に「あんた新人さんやな。あせらずゆっくり覚えていけばいいから」と優しい表情で言っていただいたことは、今でも強く心に残っています。その言葉がこの仕事の原動力になりました。

これから身に付けたいスキルや将来の目標

管理者として、職員が長く働き続けられる環境作りが当面の目標です。ひいては、グッドタイムアライアンスの理念である「人生最良の時を過ごしていただくために」を実現できる組織作りに貢献したいです。「ご入居者様にとって必要なこと」を、職種や立場を問わずに取り組んでいきたいですね。


入社を検討している方へ

介護・福祉はマイナスイメージで語られることも多いですが、この仕事でしか体験できないことがあります。おそらく、人付き合いの濃度はどんな仕事よりも濃く、それだけにやりがいも十分です。はじめは知識や経験はゼロでも大丈夫です。私はもともとスポーツ・教育関連の仕事を考えていたのですが、この仕事ではスポーツ経験が体操などのレクリエーションに活かせています。ご入居者様はみんな人生の大先輩。その方達との素敵な出会いが待っていますよ。