人を知る

「ありがとう」の言葉と笑顔に出会えたから――

小附晃子ケアマネジャー

所属法人
株式会社 JAPANライフデザイン
所属事業所
グッドタイムホーム・不動前
所有資格
介護福祉士、介護支援専門員

誰かにとって「あなたなら話せる」という職員になってほしい

1日の流れ(例)

 
8:45 出社 身だしなみのチェックやメールの確認
9:00 申し送り 夜間帯からの引継ぎ
9:45 家族連絡 体調不良やご様子にお変わりがあった方のご家族様に電話でご報告
10:00 連絡・調整 各関係機関に連絡し、退院日や認定調査等の日程調整
10:30 ケアプラン作成 ケアプランの作成、見直し
12:00 昼休憩
13:00 面談 ご入居者様やご家族様からのご相談対応
14:00 入居前アセスメント 新しいご入居者のアセスメント
16:00 電話対応 関係機関、ご家族様からの電話対応
17:00 申し送り 日中の様子を夜勤者に引き継ぎ
17:30 引継ぎ 明日の引継ぎや、伝達事項のメールを送信
18:00 退社

仕事内容について

ケアマネジャーとして、ご入居者様とそのご家族様との入退院の相談や、ケアプランの作成などを行っています。もともと生活相談員(ソーシャルワーカー)とケアマネジャーを兼務していたのですが、8月からケアマネジャー専任になりました。


やりがい・充実感を感じるとき

ケアマネジャーという立場上、どうしても介護現場に立つ時間が少ないので、ケアプランを作る時は、現場の介護士さんたちから意見をヒアリングして、相談しながら進めていきます。ひとりではできない作業なので、チームワークがとても大切なんです。ご入居者様によってそれぞれ違うケアプランを、みんなで知恵を出し合って作っていく。その作業はとてもやりがいがあります。

これまでに苦労したこと、それを乗り越えて成長できたエピソード

ご入居者様のご家族様へ、保険や緊急時の対応といった重要な話をご説明することも私の業務のひとつです。こうした話は正確に、それでいてご家族に不安をできるだけ抱かせないように伝える必要があるため、慣れない頃は苦労しました。先輩や上司のやり方を見たり相談したりして、徐々に上手に説明できるようになりました。


ご利用者様とのエピソードで心に残っていること

ご家族様にご提案するケアプランを書類にまとめると、どうしても事務的な内容になりがちなんですよね。でも、それにできるだけ想いを込めて温かみが感じられるものにしたいという思いがありました。そんな時、あるご家族様から「このケアプランからは小附さんの優しさが感じられますね」という言葉をいただいたんです。その言葉はとてもうれしかったですね。

他には、すごく頑張り屋のご入居者様がいらっしゃいます。高齢になってからも囲碁を始めたり、アクティビティに積極的に参加したり、施設の周囲を散策したりと、チャレンジ精神が旺盛な方なんです。その頑張りを見ていると、私も負けていられないなと刺激を受けます。

これから身に付けたいスキルや将来の目標

ケアマネジャーとしてはまだまだ駆け出しなので、専門性を高めていきたいですね。グッドタイムアライアンスは育成システムがしっかりしていると思います。私自身、上司に手取り足取り教えてもらってここまでやって来ました。今は自分が後輩を指導しているので、次は私が頑張って育てないと、と思います。


入社を検討している方へ

ご入居者様やご家族様のプライバシーに関わるような悩み相談を受けることも多いので、こまやかな気遣いや他者の気持ちに敏感な方にはぴったりな仕事だと思います。
皆で協力して仕事を進めたり、人と人との架け橋になりたいと思っている方にとっては、とてもやりがいを感じることができる仕事だと思います。